胃もたれ 解消

胃もたれ解消はこちら

胃もたれ解消

胃もたれ解消のもっと詳しい情報を近日公開しますのでお楽しみにお待ち下さい。

 

胃もたれの原因

 

食べ過ぎによる胃もたれは、いわば「胃の交通渋滞」であると言えます。

 

このような場合、交通整理員に相当する役目を持っているのが消化酵素ですが、胃液に含まれる消化酵素はたんぱく質専門のペプシンのみなのです。

 

この場合、消化酵素を配合した胃薬を飲むことで胃もたれの原因となる消化不全を軽減することが胃もたれ解消の早道と言えます。

 

また、大根などに含まれる消化酵素であるジアスターゼはでんぷんやグリコーゲンを消化するだけでなく、胃腸の調子を整え胃もたれ解消の作用を持っています。

 

胃の内容物も糖分は、比較的早く十二指腸にいきます。次にタンパク質そして、一番最後まで胃に残りやすいのが脂肪分です。

 

良く脂っこいものを食べた後に、胃がもたれるのは、この為です

 

しかし、これが食べ物からくるものであるならば、胃の内容物が完全に消化さえしてしまえば胃もたれは解消します。

 

一時的なものであれば、潰瘍や癌などの心配はなく、それほど心配する必要はありませんが、この症状が一向に改善しなかったり、長引くような場合は、一度病院で見てもらう方が安心です。

 

原因不明の胃もたれや、胃のムカムカが長引く場合は、慢性胃炎や胃アトニーなどが疑われます。

 

胃アトニーになると、食べ物がいつまでも胃の底に残ってしまうので、胃の内容物が、そのまま腐敗しガスが発生したりするので、臭いゲップがでるのが特徴です。

 

ゲップと一緒に、胃から食道に逆流してくる事もあるので、ゲップの臭いが気になるようなら、一度病院で診てもらいましょう。

 

 

胃もたれ解消に良い食品

 

大根おろしに、ハチミツを入れたものを食べると、ハチミツが胃の炎症を和らげ、大根が消化を助けるので、胃のもたれが解消します。

 

ハチミツを、そのまま舐めるだけでも効果があります。

 

また、ジャガイモをすりおろし、こしたものを温めて、ハチミツを混ぜたものを飲むと、胃潰瘍に効果的

 

次に昆布です。だし用の昆布を、かじっていると、胃の調子が良くなるようです。

 

その他には、ココアが胃痛に効くようです。

 

ココアには ポリフェノール成分が豊富に含まれていて、ピロリ菌を、除去してくれるなどの働きがあると言う事で注目されています!

 

ココアは、ピロリ菌が原因で、胃が荒れて、胃痛につながっている場合に有効的です。

 

ただ、検査しても異常が見られない場合は、アロマがお勧め。胃痛や胃の不快感に、効果的な香りがあります。

 

グレープフルーツやベルガモット、ペパーミント、ラベンダー、レモン系の香りなどを、お試し下さい^^

 

これらの精油で、痛みのある胃を中心に、お腹や腸全体を軽くマッサージすると、さらに効果的です。

 

アロマテラピー効果でリラックスでき、ストレスから来る胃痛には効果的な方法ですネ

 

また、できるだけ原因となるストレスから解放させてあげる事も大切です。ストレスだけでなく、不規則な生活や睡眠不足も、決して良くありません。

 

 

食べ過ぎに効く耳つぼ

 

食べすぎで胃がもたれてしまったら耳ツボ刺激で解消

 

失恋やダイエットからくるストレスから、ついつい食べ過ぎて、さらに自分を責めてストレスをため込んでしまう。誰でもそんな経験必ずあるはず。暴飲暴食が続くと胃腸の調子が乱れて、胃がもたれてしまいます。
そんな胃もたれを解消するためには、耳にあるツボの胃点を刺激しましょう。

 

胃点(いてん)

 

胃点は、耳の中央を走る軟骨の先端あたりに位置します。 刺激すると、胃の働きを活性化して、消化を助ける働きがあります。

 

効果的な刺激法

 

指を使って胃点をつまむように押しもみながら、胃点を刺激してください。指で上手にツボを刺激できないときは、米粒を爪切りで1/4くらいにカットしたものを人差し指にセロハンテープなどで貼って、刺激するのも効果的です。

 

脂っこい食べ物は消化に時間がかかるため、胃もたれを感じているときはできるだけ控えるようにしましょう。また、アルコールや唐辛子などの刺激物も胃に刺激を与えて負担をかけるので、気をつけましょう。

 

 

胃もたれ解消のもっと詳しい情報を近日公開しますのでお楽しみにお待ち下さい。

ホーム RSS購読